オリンピックを医療催眠的に考えてみる!

テレビをつけると、ピョンチャンオリンピックが盛り上がっているようですね。

女性陣はフィギアスケートで2大会連続の金メダルをとった羽生結弦君にメロメロのようですが、僕は女子スピードスケートのパシュート追い抜きでの金メダルで、鳥肌が立ちました。

オリンピックなどの国際大会のよいところは、全く知らない選手であっても、日本人であるというだけで一瞬にして全力で応援できるところであり、更にメダルをとったりすると勝手に感動できるところにあると思っています。

その選手をその大会中に何度も見る場合もっと親近感が湧いてきて、成績がよいと更に喜べますし、逆に悪いと本気で落ち込んでしまいます。

自分と似たものに親近感が湧くというのは、経験的に分かっていることですが、医療催眠的考え方をすると、日本人としての共通意識があるからと説明できます。

心の中には、自分で認識できる意識顕在意識と、その奥底にある無意識潜在意識の二つがあるとされています。

無意識に入っている情報が意識に引き上げられた時に初めて、自分でそれが認識できます。

無意識に入っている何らかの情報を意識に引き上げる作業を思い出すといい、逆に意識にある情報を無意識に落とし込む作業を忘れると言います。

生まれてから今日までの記憶は全て無意識に入っていて、意識に引き上げられないので思い出せないだけだということです。

意識と無意識の間にはフタがあるので、容易に無意識の情報を意識にあげることができず、だから色なことが思い出せないのです。そのフタを開けてあげれば、無意識に入っている情報を意識に引き上げられる、つまり思い出すことが可能なのです。

フタを開ける作業を催眠を導入するといい、開いた状態が催眠状態といいます。

病気とは、無意識の何らかの作用により、心体行動に影響を与えて不具合を起こしているものと考えることができるので、催眠状態にして無意識に入っている不具合の原因を意識に引き上げることでそれを知り、不具合をよくしようというのが医療催眠の考え方です。

無意識に入っている情報は、生まれてから入れられる記憶の他に、元自分の中に持って生まれた共通意識などがあります他にもあります。

無意識の部分は奥底で色な人と繋がっています。一番浅いところで繋がっているのが、お母さんとお子さんです。

そして深くいくにつれ、家族、地域の人、同じ県の人、同じ国の人など、範囲がどんどん広がっていきます。それを共通意識といいます。

家としての共通意識とか、県民としての共通意識などと表します。

つまり、日本人には生まれつき日本人としての共通意識が備わっているのです。

それを僕が初めて認識したのが、1995年の阪神淡路大震災の時です。

その当時、被災者どうしが助け合うというニュースが海外で報道されると海外の人が驚く、という話を聞いて僕は驚きました。

大災害が起きた場合、日本では暴動略奪などが起こることはまずないのですが、海外ではよくあるそうなのです。だから、助け合っている姿が驚きだったようです。

それが世界的に珍しいことなのだと僕が驚いたのは、日本人としての共通意識が元無意識に入っていたためだろうと思います。

似たものに惹かれるというのは、無意識に入っている共通意識が引き起こす現象だということです。

それが強すぎると差別につながる可能性もありますが、でも無意識のもっと奥に行けば世界中の人全員とつながっているので、世界中の人が同じ仲間とも考えられます地球人としての共通意識。

みんな違ってみんないい!という考え方多様性を認めあう考え方一元論的考え方ができれば、日本人選手を応援して感動して落ち込んで、その感情を十分に味わった後は、国に関係なく全ての人に感謝することができます。そしてそれこそ世界平和への一歩になると思います。

オリンピックなどの国際競技は、共通意識のおかげで手軽に喜怒哀楽を存分に味わえる、とても素敵なイベントごとだと思います。

そして自分の限界を越して努力を重ねるアスリートの皆さんもとっても素敵だと思います。

そんなことを感じながら、オリンピックを見て楽しんでいます。

尚、医療催眠を深く知ると、病気の本当の原因やその対処法が分かり、治りにくい病気や悩み事などが解決できたり、病気などの捉え方が変わることで楽に生きられるようになったりします。

その理論をお伝えするための医療催眠から学ぶ心のしくみ講座を2月25日日に大阪市で開催します。

途中プチ催眠体験を入れる関係でお子様づれは不可ですが、興味を持った方はぜひご参加ください。催眠術とは全く関係ありません。

又、同日午後には、催眠体験会も開催します。しっかりと体験ができますので合わせてご参加ください。

心のしくみ講座

2月25日日10時13時大阪市西町甲東会館

3月11日日13時半16時半愛知県岩倉市生涯学習センター

4月1日日9時半12時半さいたま市民会館浦和

5月19日土未定長崎県島原市

6月23日土未定東京都文京区

8月6日月10時13時愛知県半田市

ちなみに、2月26日月は大阪市西町甲東会館で本当は治るアレルギー講座も行います。

詳細は、yamabikodrgmailcomにお願いします。

コドモオトナって、境界線のない世界

ちいさいころ

こどもの私は、ほんとうに

ちぃさなちぃさな世界しか知らないんだ。

理不尽な環境でも

お金がないと生きてけなくて

家出すら、出来ない自分にちょっとガッカリして。

はやくオトナになりたいなあ。

とは、思わなかったけど、、(笑)

いつか、あの頃の無力なこどもの自分が欲しかったものを創りたい。

そう、思ってた。

ほしかったのは、

第3の家とも言えるような場所。

こどもでも、自分の意思で、あれる

家族でも、学校でも、友達でもないところ。

でも、安心できて、くつろげる、憩いのやすらぎの場所のようなところ。

そんなところが、いつか、創ろう。

こどもは、無力だ。

こどもは、守られるもの。

こどもは、弱いもの。

そうじゃない。そうじゃないんだ。

うまくいえないけど。。。そうじゃない。

こどもの可能性、という翼を、

飛び立てないようにもぎ取って、トリカゴに収まっているようにしているのは、オトナ?

社会?

なんだろう?

そんな境界線

今日(コンニチ)の世界では、いらないよ。

要らないよ。

ネットが普及した今、こどもだって

お金を稼ぐことだってできる。

可能性は、ムゲン。だ。

こどもだから。おとなだから。

そんな境界線は、いらねえよ。

ひとつの、可能性として世界をあそびたい。

ひとつの、可能性として世界をあじわいたい。

それだけなんだ。

眠くて眠くて

寝ても寝てもすぐ眠くなり、今日はまだベットから起床できておりません

強烈な眠気

そして、入眠時に幻覚か現実か

分からない夢を見ます。

例えば、隣に人が立っている夢、

泥棒が窓から侵入してくる夢など。

夢の中で必死にもがくのですが

息が早くなり苦しくなり、

一人で起きるまで時間がかかります。

この日記を投稿する文章を

考えながら、もう何度寝したことか。

気がついたら寝てます。

はぁ、睡眠障害

なおって欲しい。

この前食べたお肉

広告を非表示にする

ようがある時は呼んでもなぜかこない(*´∇`*)

1人で見たい客と話しかけたい店員 アパレル店の“あるあるを描いた漫画に双方から反響

そりゃあ、疲れるよなぁ。。。

血糖異常に悩まされること、6年目…

ようやっと、血糖は、改善できるようになれたかと

思ったら、ここにきて、いくつもの体調の悪化><。

腎機能、おなかの具合、貧血、そして、高血圧…

どの症状も、本当に厄介

で、どうやら、血糖改善しか、いずれの症状も

改善には至れそうにないとの話。。。

で、改善傾向にある血糖についても…

実情としては、短期間で、各食前の R の単位数の見直しが

必要な状態なので、相変わらず、状態は、流動的なもので。。。

だから、安定しない血統への臨機応変な自己対処に

追われる日々。。。

なので、安心できないんですよね。。。

当然、問題g、問題だけに、うまく対処できなければ、

俺自身の人生を終わらせてしまうことにもなるわけで…

要するに、自分の命を懸けた問題に、この6年、

ずっと取り組んでいることになりますね。。。

根本的な原因は、不明のままなので、

初来的なあことは、何も分からない…

だから、ゴールの見えない中で、自分を信じて、

その時、その時、必要な対処を選択している…

そりゃあ、疲れますよね。。。

グタグタ言ってても、現実は待ってくれないですから、

今、出来ることを、精一杯、頑張ってみて、

この先に道が開けると信じて、突き進むしかんさそうですね

追伸

俺の人生って、何で、こんなことばかり続くんだろう???

高校3年までは、健康優良児…

卒業前の「尿検査で、DM発症…

でも、本当は、インスリンの必要な1型患者だttったのに、

2型治療で、内服薬。。。

2型治療で頑張ったけど、本来、1型だったので限界があって、

血糖悪化から、ホウカシキエンを併発><。

でも、当初の診断は、坐骨神経痛で、入院しているのに、

どんどん病状は悪化><。

ホウカシキエンの診断が下るまで33ヶ月近く…

気付けば、35kgまで衰弱して、車いす生活><。

ようやく、ホウカシキエンの治療が終わり、歩くリハビリが

始めると、目に異常><。

眼科医からは、『入院してたのに、何したてたんや!』って一喝。

(…俺に言われてもなぁ。。。)

で、治療は受けるも、視力の回復には限界があった

その後、約10年かけて、外見的には、復活!

で、新たな試みとして、入院中、知り合った知り合いと旅行すると、

旅先で、そのうちの一人が急死><。

その悲しみを乗り越える意味もあって、患者会に参加。

一時は、一気に、交友関係が広がたものの、

2010年、腎臓に、異物が見つかり、摘出手術を受ける。

病理検査の結果、早期のガンだった。

で、1年以内に、再発していたら、厳しいことになると執刀医

から言われていた\\の覚悟を迫られることになった。

幸いにして、再発は免れたものの、10年以上、経過しても

再発の可能性は消えないらしく、ずっと再発の不安は

逃れられない状態にある。

で、2011年9月末、同病の先輩が急死された直後、

めまいの発症><。

2012年5月、めまいの原因の究明と、ポンプ離脱の目的で

入院すると、病棟の環境は、2年前の入院時と一変していた。

ポンプに通じた医師がおらず、やむを得ず、自己対処、事後報告。

で、ランタスの発がん性について調べてもらうと、その可能性を

記した文献があると伺ったので、ランタスではなく、レベミル…

それに、入院すると、おなかの具合が悪くなるので、

その関係で、朝食時のみ、ラピッドではなく、R をメインにした

食前対処にh変更。

(ただ、食前の血糖によって、食前血糖の補正として、少量のラピッド

  での 2刀流ウでの対処 = 2007年の入院時、実行済)

だけど、何度、説明しても、レベミルは、ピークのあるベースだから、

認めっれない。2刀流での対処は、ピークが、2つできるから、ダメ…

病棟長以外の医師は、認めてくれたのに、病棟長のみ、いくら説明しても

ダメで、最終的には、退院日を延期して、試験外泊えお求められた。

こrwと同じ月、患者会では、他の患者さんからの質問では、

レベミルの使用も、2刀流での対処についても、問題ない「っって。。。

まるで、別人の医師でした。

(※あまりにも酷かったので、当時のことは、データとして残してあります)

で、俺には、いつの間にか、入院のトラウマ。。。

で、2013年からの血糖異常><。

最初の1年半は、原因不明><>

1年半後、インスリン抗体が高いことが判明!

だけど、初症例で、改善策は、何もなかった><。

でも、俺の中では、ずっと、あきらめす…

インスリンの変更、単位数の加減、注射のタイミングの工夫…

色んなことを試して、5年目で、一気に血糖は改善!

だけど、ここにきて、度重なる体調のトラブル発生!

何とか、んらないかなぁ。。。

でも、高校3年のDM発症以来、これだけ頑張ったんだから、

もう、何があっても…

仕方ないかと思うようになっている自分がおますね。。。

疲れましたから…

このくらいで勘弁してくれないかって。。。

冷え込みご用心(出退勤繰り上げになった分…)

■22日 厳しい冷え込み この冬一番も

(日本気象協会 - 02月21日 19:12)

217

こんばんは

17日に、無事18歳になりました!

人生初の生誕祭、いつまでたっても慣れないソロも沢山あったし久しぶりにすごい緊張したなあ

生誕祭が終わってから時間が経って今、

まだ生誕祭の余韻が抜けてません。(笑)

(壁に生誕の横断幕貼ってるのも原因かもしれない)

あんな夢のような生誕祭になるとは思ってもなかったので、文字では表しきれないほど皆さんには感謝しています。

生誕の準備をしてくれた方も、本当に本当にありがとうございました()

割と本気でブログになんと書けばいいかわからないほど楽しかったです。本当にそのくらい楽しかったんです()笑

お部屋が生誕仕様すぎるね。(笑)(笑)

沢山のサプライズをして頂いて、何回涙腺崩壊させられたか(笑)

ずっと前から、生誕祭で大きなお花を飾っていただくのが夢だった私なのですが、

まさかの大きなお花まで用意してくれていて、

しかも大好きなおしゅし挟まってたし

本当に本当に嬉しかったです()

私のために、こんなにも素敵なものを用意してくれて本当にありがとう。

生誕Tシャツもみんな着てくれてありがとう!!

リンクスがラスボスで溢れててとってもファンタジーで面白かったです。(笑)

あの日見たピンク色の景色は、今まで見てきたピンク色の景色の中でも一番綺麗でした。

幸せだった〜〜あ〜〜。。()

ファンの方に、お手紙もいくつか頂いたのですが、

読んでまたボロ泣きでした。

本当に、暖かい人に囲まれて幸せだなって改めて思いました。

アイドルをはじめてあと2月で1年。

楽しいことも嬉しいこともある反面、くじけそうになったことも沢山あったし、辛くて悔しくて影で泣いたことも何度もあった。

何も知らない人から見たら、たっったの10月間。1年も経ってない。

でもこの10月には、アイドルをやる前の私にだって想像もつかなかったほどの沢山の思い出がぎっしり詰まってます。

ぽんこつへっぽこな私だけど

応援してくれて本当にありがとう)

これからも、たくさんたくさん頑張っていきます。

217の素敵な時間は一生忘れません)

みんながだいすきだよ。

ちょっと恥ずかしいから逃げる。

最後まで読んでくれてありがとう!!!!

彡!

広告を非表示にする