時間の奪い合いからあえて逃避

経営の神様ドラッガーが時間は常に奪われるとのたまった。

自分が経営者になってしばらくたって、事業が流れるようになって、本当にこのことがわかっている。

まずは時間を奪われていることがわかって、次に自分が他人の時間を奪っていることがわかってきた。

だからわたしは自分がどこにいるべきかということを意識する。

今わたしはこのブログをカフェで書いている。

オフィスで書いてもいいけど、オフィスにわたしがいることによって、

わたしの時間が奪われるし、わたしもみんなの時間を奪うから。

だからいつでも話しかけていいよ、という状態の時間をなるべく多く作り、

その時間にはオフィスにいるようにするけれど、

今わたしは集中しているというときは、みんなから時間を奪われないように、

意図的にオフィスを離れるのだ。

10分で終わる仕事が、時間を奪われている間、1時間かかってしまうことがある。

何をするべきかはみんなが考えることだけど、

どこにいるべきかはここ1年でものすごく意識するようになった。

さて、オフィスに帰ります。みんなの時間を奪ってごめんなさいDearmyStaffs