今日の昼呑み:「長崎黒毛和牛サーロインステーキ肉豆腐風」

 先週末は休日出勤、バーの周年なんかが重なってワインを飲んでいないことに気づいた。ってことで本日はチリの有機農法ワインで昼呑みを決行した。以下覚え書き。

材料:長崎黒毛和牛サーロイン肉、木綿豆腐、地元の白ネギ、トマト、プリッキーヌ、昆布、薄口醤油、李白みりん、カルピスバター、水溶き片栗粉、粟国の塩、ブラックペッパー

0.肉は常温に戻し、塩とブラックペッパー振っておく。豆腐奴っぽく、ネギ小口切り、プリッキーヌはヘタ取っておく。

1.昆布出汁を引き、醤油とみりんとプリッキーヌ加えて加熱、アルコールが飛んだくらいで豆腐、ネギ、トマト入れて煮る。この隙にフライパンにバター溶かして肉投入。強火で30秒、裏返して15秒焼いてから弱火で加熱。

2.肉の表面に赤い肉汁が浮いてきたらひっくり返してジュッと加熱してから火を止め、鍋の肉汁を豆腐の鍋に投入。豆腐の表面が色づくくらいまで煮込んで皿に盛る。

3.肉再加熱してから皿に盛り、豆腐の煮汁を肉の鍋に取り、水溶き片栗粉でとろみをつけて肉にかけて完成。

ソースが和風なので、ステーキだが肉豆腐感もある。プリッキーヌの辛みのおかげでみりんの甘みがいい感じで狙い通り。お供はチリ、コノスルの赤とレンタルBD「ひるね姫」。高畑充希の歌うタイマーズ版「デイ・ドリーム・ビリーバー」につられて借りたんだが、内容は現実と夢のリンクにどういう理由があるのかとか明快に解消されてないし何かモヤモヤが残ってしまった。でもまあ酔っ払ってみる分には。